浄水器から水が漏れたら防水テープで応急処置後に水道修理屋へ

■浄水器から水漏れが起こることもある

修理が必要な水道工事と聞くと蛇口から漏れるとか、排水管や配管から漏れるイメージがありますが、普段よく使っている浄水器から水が漏れることもあります。使う頻度が多ければ多いほどその可能性は高くなることが分かっています。
浄水器といってもタイプがいくつかあり、ひとつの蛇口に設置して水道水と浄水した水を切り替えて使うタイプや、浄水器を水道水がでる蛇口とは別に専用の蛇口をつけるタイプがあります。
ひとつの蛇口に設置するタイプは水とお湯を一ヵ所で使い分けることができるという特徴を持っています。蛇口にそのまま設置するため大掛かりな工事が一切必要ないのもこのタイプの特徴です。
新たに浄水器を設置する場合は工事が必要です。先ほどの浄水器に比べると浄水する力が高い特徴を持っています。

■蛇口に設置するタイプで水が漏れる原因

そもそも蛇口から水が漏れていると言っても、常に水で濡れている箇所なので水漏れ箇所を特定するのは少々難しいかもしれません。蛇口に直結して使用する浄水器の場合、まずは蛇口をしめてください。それからタオルで蛇口回りについている水をしっかりふき取ったあとじっくり蛇口を観察してみてください。ジワジワと水が漏れていれば、そこが水漏れ箇所に特定できます。
もしも浄水器本体を取り付けた部分のコックやリング部分から水が漏れているのであれば、接続に使われている部品が緩んでいる可能性が高いと見られます。緩みを直しても水が漏れ続けている場合は、内部に使われているパッキンなどの部品が壊れているかもしれません。これは部品の交換が必要となります。防水テープなどで応急処置をしたとしても一時しのぎになるので、早急に修理を依頼しましょう。

■別で設置するタイプの浄水器で水漏れ
大掛かりな水道修理が必要になるのか気になるところですが、浄水器を新たに設置したあとはカートリッジの中に溜まっていた空気が完全になくなるまで少し水が漏れることがあります。中の空気がなくなれば水が漏れなくなるので心配はいりません。特に防水テープなどで応急処置をする必要もないでしょう。
ただし、暫く様子を見ても水が漏れ続ける場合は専門家に状態を見てもらいましょう。自分で簡単に直せる構造ではないので、安易に分解してしまうと元に戻せなくなりますので注意してください。水漏れに関するトラブルは、専門家に相談するのが一番安心できますし、安全に修理ができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ