水道修理のやり方の基本

■水道の修理のやり方

水道の修理方法には、さまざまなやり方があります。トラブルを起こしやすいため、確認しなければいけない場所も抑えなければいけません。
蛇口の場合であれば、注目するのは内部にある消耗品類です。使っているうちにだんだん傷んでしまい、水に触れているだけでも劣化する部品です。水道の水圧を受け止めるために必要な部品でもあり、定期的に交換も必要です。やり方は単水栓であれば、上から順番に解体して、新しいものに交換していきます。モンキーレンチなど日常的に使える道具を使うため、交換も難しくはありません。賃貸住宅によっては、自分で交換するように契約書に記載されていることもあります。部品も手に入りやすく、ホームセンターやインターネットなどでも購入できます。ただし、サイズや類似した形状のものが多いため、注意が必要です。

■水を止めてから作業が大切

まずは水が流れだしてきている状況を止めなければいけません。給水部分か排水部分かで違いがありますが、止水栓や元栓の機能を知っておく必要があります。水は本管から圧力をかけて送り出されてくるため、そのままでは水が流れ続けてしまいます。コントロール用に取り付けられているのが止水栓や元栓です。整備にも使われますが、この栓を閉めてしまえば、管内の圧力も下げられ、水漏れが続く状況を一旦止めておくことができます。やり方は簡単ですが、修理する手順として重要なため、普段からどこにあるのか確認しておけば間違いありません。
排水管の場合には、水が流れていく設備であるため、修理が終わるまでの間は使わないようにします。流さなければ漏れませんが、内部でつまって水が溜まっていたりすれば、それがなくなるまで漏れてしまいます。

■難しいと思ったら専門業者に依頼
水道の配管本体がひび割れたりしている状況では交換修理が必要ですが、配管を適切な長さで加工しなければ取り付けられない場合も出てきます。外すために工具も必要になり、ねじ山にはシールテープを巻いたり、接着したりする必要も出てくるため、作業は簡単ではありません。
ほんのわずかな隙間でも水は漏れますし、工具も含め多くの知識が必要で、非常に難しい作業も出てくるため、専門業者に作業してもらうのが確実です。自分で直す場合にも、うまくいかないときには、すぐに依頼できるようにしておくといいでしょう。水回りの設備は、確実に使えるようにするのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ