水道修理は自分で出来るのか?やり方を解説

■水道トラブルの例

水道トラブルの例として、特に多いのがレバー下から水漏れしているケースです。レバーを持ち上げると水が出るのが普通ですが、レバーの下にトラブルが起こっていると水を出しているときに漏れてしまいます。
スパウト回りも水漏れトラブルが起こりやすい場所で、レバーの下にある銀色の金具の部分が劣化することや、パッキンが老化して起こる場合がほとんどです。止水栓を接続している部分がゆるくなっている場合も、水漏れトラブルが起こります。
止水栓のトラブルもスパウト回りと同じで、接合している部分のパーツが劣化することにより起こります。長年使っていると、振動でナットが緩んでしまうため、ナットを締め直すことや新しいナットに交換することで直せる場合がほとんどです。

■自分でする水道修理のやり方

水道のパッキン劣化の場合だと、自分でパッキンを用意して交換修理することも可能です。やり方としては、レバーの下にある前面ネジを外して、レバーハンドルを外し、レバー部分を分解してゴム状のパッキンを交換します。
水道そのものから水が漏れている場合は、ハンドル下のナット内部のパッキンが原因だと考えられるので、ハンドルを全開に開いてモンキーレンチや、プライヤーを使ってハンドル下のナットを緩めます。ハンドルを分解したら、三角パッキンを新しいものと交換します。
水道修理を自分で行う場合は、何が原因で故障しているのが原因を事前に探さなければなりません。セルフチェックしてからの対応だと、直したつもりが直せてないケースもあるので注意が必要です。

■業者に依頼する際の水道修理のやり方
直すことができなかった場合や、原因が見つけられない場合、確実に直したい場合は、業者に依頼して直してもらうのがおすすめです。業者に水道修理してもらうやり方は、無料点検や無料相談に対応している専門業者に相談し、原因を見つけてもらう必要があります。
水漏れがひどい場合は、水道代が多くかかることや溢れた水が他の部屋に浸水することもあるので、早めに対応してくれる業者を選びましょう。原因を調べてもらったら、修理にかかる費用や工事施工費の打ち合わせなどがあります。
パーツ交換や修理など、業者を通さずに修理できるケースもありますが、安心して確実に修理してもらうためには業者に依頼するのが適切です。アフターサービスが充実している専門業者なら、水道修理が終わった後のメンテナンスも受けられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ