水道修理で知っておきたい部品

■ケレップが傷んでいる

水道の蛇口は主に単水栓とツーバルブ混合栓に分けられます。どのタイプの水栓が水漏れするかによって修理の方法は異なり、業者に依頼しなくても比較的簡単に修理できるのは単水栓になります。1つの蛇口しかないので分解も簡単ですし、必要な部品も少ないからです。一方でツーバルブ混合栓は2つの蛇口があるため、自分で修理すると場合によっては故障してしまう可能性があります。技術がない方や初心者の方は業者に依頼したほうが安心でしょう。
もちろん、どの箇所から水漏れしているかでも対処方法が変わってきます。さまざまな造りの水栓がありますから、まずは仕組みについて理解しておく必要があります。
それを踏まえたうえで水道の水漏れを修理するには、まずケレップをチェックしてください。特にパイプ先からポタポタと水が出てくる場合、ケレップの損傷が考えられます。新しい部品に交換すると漏水はピタッと止まります。

■パッキンが劣化している

水道の水漏れでもっとも多いのがパッキンの劣化によるものです。大体の水漏れはここの劣化や破損によるもので起こりますから、ポタポタと水が漏れてきていたら真っ先にパッキンを疑ってください。パッキンには三角タイプとUタイプがあり、それぞれ水漏れの場所が異なります。三角タイプならハンドルの根本から起こるケースが多く、ワッシャーの交換も必要でしょう。
一方でUタイプは、パイプの根本から起こります。こちらのタイプは、水を使っていないと漏れてこないので分かりにくいですが、水を使うと漏れてくるので修理の際は止水栓を閉めるのを忘れてはいけません。もちろん、どちらの修理の場合でも最初に必ず止水栓は閉めておきましょう。
基本的に、新しい部品に交換すれば漏水は止まります。注意してほしいのは、差し込む方向です。Uタイプの場合、向きを間違えてしまうと漏水は止まらないので注意してください。

■シールテープが古くなっている
この場合、水栓と壁の間から水が漏れてくるので目視しやすく、早めに対処することで悪化を防げます。シールテープとはテフロンのテープのことで、排水管のつなぎ目に使われています。使用する箇所によって必要な長さが変わってきますが、1ヶ所で大体50センチ程度になります。本体を外して行うため、業者に依頼したほうが安心でしょう。自分で修理する場合は、本体を外して、配管内を掃除します。キレイな状態にしておかないとテープの効果が半減してしまうからです。
巻くときは、引っ張りながら行うとしっかり巻くことができます。6、7回巻きつけたら、シールテープの修理は完了になります。
水道は、単水栓であれば簡単に修理できますが、近年はいろんなタイプの水栓が増えていますので、事前に確認してから適切な方法で作業しましょう。部品を取り外すときも細かいものなので気をつけてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ