水道の蛇口を修理するための部品交換の流れ

■蛇口でよくある消耗品の劣化

水道の蛇口は、パッキンなどの消耗品が使われています。消耗品としてだんだんと傷みが目立つようになることは避けられません。蛇口は細かな部品が多く、水が漏れださないようにパッキンが大事な役割をしています。ゴム製のパッキンは、時間とともに劣化しますが、水に触れているだけでも徐々に弾力性を失って、役割を果たさなくなってきます。表面に塗られていたグリスも流れてしまい、機能しなくなる前に交換することで、トラブルを未然に防ぐことができます。
トラブルが起きて修理を行う場合には、急に水が吹き出したりしないように水を止めておくことが大切です。止水栓があれば閉めてしまうのが一番で、止水栓は、水道管を追いかけていけば見つかります。お風呂場などでは取り付けられていませんが、その場合には元栓を閉めれば安全です。

■パッキンを新しいものに

蛇口にもいろいろな種類がありますが、修理をするための解体の順番の基本は上から外すことです。単水栓と呼ばれる基本的なかたちの場合には、ハンドルの下にあるナットを外せば分解できます。ツーレバー式の水栓も構造的には変わりません。ハンドル部分に取り付けられているキャップをマイナスドライバーで外して中にあるネジを緩めると分解できます。
ハンドルを分解すると、パッキンなどの内部の部品が見えるため、取り外して新しいものに交換すれば、出来上がりです。固着していることもありますが、ドライバーなどを使えば簡単に取れます。水栓のパッキンには上下はありますが、左右の方向などはないため、正しい位置に設置できれば問題はありません。

■ワンレバー止水栓のカートリッジ
ワンレバー式水栓の場合、消耗品はパッキンではありません。カートリッジが使われているためです。レバーの下側にドライバーなどの先端が細いものを入れて取り外し、レバーをとります。次にドライバーや六角レンチが必要ですが、家庭内であるもので対応できる範囲です。問題はこのカバーを外す方法で、モーターレンチを使うのが基本です。家庭にはなかなかない工具ですが、カートリッジの交換には必要ですので、購入しておいておいてもいいでしょう。
カバーを解体すると、カートリッジが出てきます。同じ物でなければならず、代用は効かないため、メーカーの品番などを参考に新品にしなければいけません。あとは、解体した順番で元に戻していくだけですが、締めすぎたりしないように注意が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ