水道の修理のやり方と普段のお手入れ方法

■水道に起こりやすいトラブル

毎日使う水道において、いつもと何か違うなと違和感を抱いたら、修理が必要です。水道に起こりやすいトラブルといえば、蛇口のぐらつき、詰まり、水漏れなどが挙げられます。
蛇口がぐらついていると、ぐらついている箇所から水漏れを起こしてしまう可能性が高まります。蛇口のつまりは、吐水口のつまり、または管の部分のつまりが考えられます。水が出ないほどのつまりの場合には、蛇口の交換が必要となるでしょう。
水漏れも症状の違いがあり、吐水口よりポタポタと少量水が垂れ落ちてくる程度から、噴水のように水があふれてくる程度までさまざまです。蛇口から水が漏れている場合には、修理の必要があるので、専門業者に相談しましょう。その際に、修理のやり方や費用をきちんと事前に確認しておくと後のトラブルの回避となります。

■症状の例と修理のやり方

水道のトラブルが起こったら、症状に応じて修理のやり方に違いがあります。まず蛇口のぐらつきや詰まりを起こしてしまったら、蛇口の交換が求められます。あまり知られていませんが、蛇口には耐用年数があります。耐用年数を過ぎてもそのまま使っていると、ぐらつきや詰まり、水漏れを起こしやすくなるので、耐用年数は交換の目安と考えましょう。
使っているタイプによって多少の違いはありますが、一般的には蛇口の耐用年数は10年から15年といわれています。耐用年数は目安の一つなので、違和感を抱いた場合には早めの交換がトラブル回避に繋がります。
悪化してから修理をしようと思っても、他の箇所にもトラブルが生じている可能性もあるので、悪化しないうちに直すことが大切です。水道の水漏れでは、パッキン類の部品交換だけで済むこともあります。水漏れが見られる場所や、漏れる水の量などをきちんとチェックして、修理業者に相談してみると良いでしょう。

■普段のお手入れで長持ち
水道の修理は業者に依頼すると、数千円から数万円かかることがあります。水道は調子が悪いと日常生活に支障をきたすので、早めの修理が必要となりますが、いきなりの高額出費は誰しも困るものです。
水道のトラブルは、普段のお手入れで回避することができます。特に蛇口は普段のお手入れで長持ちします。蛇口は吐水口の掃除を忘れてしまいがちです。吐水口にはカルキがついており、目が詰まってしまうことも多く、こまめに掃除しておくことが大切です。シャワータイプの吐水口は特に目が小さく詰まりやすいので注意しましょう。
お手入れのやり方は、使った後に水分を拭き取っておいたり、時間がある時にはお酢につけてこするだけで汚れを落とすことができます。また蛇口は無理にひねったり動かしたりすると壊れやすいです。力をかけ過ぎないように丁寧に取り扱うことが肝要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ