水道の修理に必要な道具はどこで手に入れるのがお勧め?

■水のトラブルが発生したら、被害の拡大を防ぐために迅速な対応が必要

水漏れなどのトラブルに遭遇してしまったら、それによって起因する被害の拡大を防ぐためにできるだけ速やかに対処することが求められます。なぜならば、台所やトイレで水が漏れた状態をそのままにしておくと水道代が増えてしまうことになるからです。更には、水漏れによって自宅の色々なところが劣化してしまい、そちらの交換も最終的に余儀なくされてしまいます。
水漏れのために付随しておこる金銭的な負担の増加を避けることを考えるのであれば、水道業者に来てもらって、出来るだけ早くトラブルを解消するのがお勧めです。現場に来てもらって、状況を確認してもらい、直ちに修理をするのであれば、それほど高額な修理費用にならないことがほとんどです。

■自分で水道の修理をすることも場合によっては可能

それほど高額な金額ではないけれども、自分で直す方がさらにお得に水のトラブルの修理をすることができます。器用な人であれば、自力で水のトラブルの修理をすることができます。書籍やネットサイトを検索すれば、自力で修理をする方法が掲載されています。
自分で修理をする場合には道具をそろえなくてはなりません。適正な道具を使わないと確実な修理ができなくなってしまうからです。自力で直すことを考えるのであれば、少なくとも次の2つの道具はそろえておくべきです。
まず、ウォーターポンププライヤーはパッキンを抑えるためにナットを締めるときに使うものです。通常のプライヤーやペンチと比べ、柄が長く、先端が斜めに作られているので、効率の良い作業が可能です。そして水栓取外しレンチは、蛇口の取り付け部分からの水漏れの際に水栓本体部を取り外す時に使う物で、スムーズな修理を可能にしてくれます。

■他にもあった方が便利な道具とは
プラスドライバーやピンセットは絶対になければならないという物ではありませんが、あった方がより効率よく修理をすることができます。そして消耗品であるパッキンは、いざという時に備えて常備しておくと安心でしょう。水漏れを一時的にストップすることができるシリコン素材などもあると便利です。
これらの道具は水道業者から購入することももちろんできますが、一般的な量販店からも購入可能です。ただし、自力でトライをしてみて、難しいと感じた場合には、無理をしないことが大切です。あきらめて、水道業者に連絡をして工事をしてもらうということも考えなくてはなりません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ