水道の修理で役立つあれこれ

■意外と役立つピンセット

水道の修理するときには、レンチやドライバーといったさまざまなアイテムを活用します。修理をはじめてから意外な問題に行き当たることもあるため、事前の準備は大切です。絶対になくてはならないのはレンチなどの工具ですが、あると便利なのはピンセットです。
ピンセットは先の形状が幅広く、水道内部に使用されている部品を取り出すときなどに使用します。部品の中には小さなものも多くあるので、手でつかみづらいものや奥の方で作業しづらいものなどはピンセットが役立つのです。
例えば、蛇口の下の部分にあるコマなどのパッキンは、油分でつかめなかったり、手で取り外せないほど固着していたりするときもあります。こうしたときにピンセットがあれば、力をかけて引っ張りやすくなります。比較的安価に入手することができるため、自力での修理を考えているのであれば用意しておくといいでしょう。

■タオルを使って応急処理

水道の修理で役立つのが、タオルです。普段の生活で使っているものでも、いろいろと使える場面が出てきます。
水が漏れて吹き出しているときでも、まずはタオルを巻いて止水栓を締める時間を稼げるでしょう。タオルを巻き付けるだけで、いろいろなところに吹き出して飛散するのを抑えられます。そのままつたって下に流れてくれれば排水管に水を流し込むように誘導も可能です。
一時的な対処方法として、配管にタオルを巻きつけて、その上から粘着テープで固定する方法もあります。もちろん、そのまま使えば水が流れてきますが、飛散を抑えながらある程度の時間を耐えられるようにできる方法です。漏れているときにはその設備を使わないのがベストですが、中にはどうしても使わなければいけない場面も出てきます。その際には、タオルの下にバケツを置いたりするだけで被害も抑えられます。

■火災保険が守ってくれる
水漏れでもしものときに役立つのが火災保険です。火災保険に加入して補償を付帯しておくことで、一定の条件の中で保険金がおりる可能性があります。ただし、すべて保障されるわけではありません。取り決めしておいた内容だけが対象となるため、細かく確認しておく必要があるでしょう。
たとえば、トイレの水漏れが起きて、水道管から水が吹き出して壁紙や床をだめになってしまったとします。トイレの配管の修理には保険を適用できない可能性がありますが、壁紙や床の修繕には利用できる場合が考えられます。水漏れの補償という部分ですが、うまく使えば大きな被害を出したときに、一部だけでも補うことができる可能性もあるので、生活を守るためにも検討しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ