いざというときに役立つ水道の修理に必要な部品

■常備しておくべき交換部品

水道のトラブルというのは、いつ発生するか予想することができません。急に発生したときでも対応できるように、修理をするための必要最低限必要な部品を揃えておくとよいでしょう。常備しておくとよい交換部品について、確認してみましょう。水道のトラブルで最も多いのは水漏れでしょう。水漏れの原因としては、パッキンの劣化が考えられます。そのため、自宅に使用されているパッキンを常備しておくことをおすすめします。パッキンは修理することはできず、必ず交換することになります。パッキンにもコマパッキンや三角パッキン、パイプパッキンなどの種類がいろいろとあるので、可能であれば全種類を揃えておくべきでしょう。他にも、トイレタンクで消耗頻度の高いゴムフロートやボールタップなどの部品を購入しておくと、いざというときに役立ちます。

■故障箇所によって必要な物が異なる

水道というのは家の中に複数存在しています。そのため、場所によって異なる部品が使用されているのが一般的です。修理を行う箇所に合わせて適切な部品を購入しておかないといけないので、確認をしておくとよいでしょう。比較的大変な作業ですが、1度だけでよいのでそれほど苦になることはありません。いざというときに簡単に修理をすることができるように、部品は場所ごとに分けて保管しておくとわかりやすいです。パッキンなどを交換するだけで修理が可能になることも多いので、必要不可欠な工具類と一緒に購入しておくことをおすすめします。


■蛇口を変えてしまう方法も
水漏れを確認したら、即座に水道の修理を行うことになりますが、パッキンの交換で改善されることも少なくはありません。しかし、パッキンの劣化以外にも水漏れの原因は存在しているので、必要に応じて蛇口その物を交換しなければいけない場合もあるのです。現在は蛇口一式を購入することもできるので、自分で必要な部品を購入して蛇口変えることも不可能ではありません。
まずは交換する蛇口をホームセンターなどで買ってきます。作業に入る前に元栓を確実に締めておき、水が漏れ出してこないように注意しましょう。最後に蛇口を取り除いて、新しい蛇口を取り付けます。ただ各家庭で使用されている蛇口の種類やタイプが異なるので、どうしても自分では変えられない箇所もあるでしょう。変えられない箇所の修理が必要な場合には、無理をしないで業者に連絡し、対応してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ