防水テープを使って水道の修理を行う方法がある

■自己融着テープで水漏れを防ぐ

ちょっとした水漏れであれば、防水テープや水漏れ専用テープと呼ばれている物を使用すれば修理が行えます。テープの種類もいろいろとあるのですが、ゴムのようにしっかりと伸びる上に、防水効果も高い自己融着テープを使うのがよいでしょう。
主な使用方法は、まず水道から水が漏れ出している箇所を探し、水栓をしっかりと止めておきます。次に巻き付ける部分をきれいに清掃するのですが、汚れているとテープが取れやすくなってしまうのです。ティッシュや雑巾などで問題ないので、きれいに拭き取りましょう。それから水漏れをしているところに、自己融着テープをしっかりと巻き付けます。テープ同士でくっつくので、のりや接着剤などは一切使用する必要はありません。他にも防水補修シートや水道用ラップテープなどがあります。

■繋ぎ目にはシールテープが効果的

排水管と蛇口の接続部分など、水道にはいくつか繋ぎ目が存在しており、ネジを使って接続するように作られています。この接続部分から水が漏れてしまうこともよくあります。このような場合の修理方法は、ネジ山の部分にシールテープを巻く方法が効果的です。なぜなら壁に直接蛇口が埋め込まれているようなタイプの場合、最初からシールテープが用いられているからです。再び新しく巻き直せば改善されることもあるので、試してみる価値は十分あるでしょう。もちろん防水性も問題ありません。問題なのは巻き方なのですが、基本的にはねじ込む方向に合わせて巻くようにしましょう。6回から7回ほど巻くのが一般的で、隙間ができないように少し引っ張りながら行うのがコツです。最後に爪でネジの隙間に押し込んでおくと、馴染みやすくなるでしょう。

■作業を行う場合の注意点
防水テープで水道の修理を行う場合、あらかじめ注意点を調べておくべきです。間違った方法で作業をすると、すぐに元通りになる可能性が高いでしょう。まずはテープの種類ですが、ネジ山に使用するならシールテープ一択です。排水管などに巻き付けるのであれば、水道用ラップテープが適しています。ただし、水の勢いがかなり弱い場合にのみ適している物なので、多少強い場合には防水補修テープや自己融着テープを使いましょう。どの種類であっても、ある程度水の勢いが強い場合には適していないので、パイプごとに交換するようになります。もう1つの注意点は、正しく巻き付けることです。最初に汚れを除去しておく、隙間がないように巻き付ける、6回から7回ぐらいは巻き付ける点などに注意しないと、きちんと水を止められない可能性があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ